八幡西区大浦 歯医者 インプラント ホワイトニング|いしばし歯科医院

How to Implant & Regenerative treatment

インプラント・再生治療とは

インプラントとは失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋入し、その上に人工歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。
従来の入れ歯と違い、固定性であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。

インプラント治療を行うとこうなります。

歯を1本失った場合

失った部分にインプラントを1本埋入します。両隣の健全な歯を削って人工の歯を入れる(ブリッジ)のではなく、インプラントを用いることにより健全な歯を傷つけることなく治療を行うことが出来ます。

歯を複数本失った場合

局部的な取り外しの入れ歯を使用するのではなく、インプラントを何本か用いて固定した歯を入れます。それにより入れ歯の様な違和感から開放されます。
 
 

歯を全て失った場合

総入れ歯ではなくインプラントを用います。この方法であれば食物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯がガタつくようなことはありません。インプラントの本数を多く埋入できれば一本一本の歯のように回復できます。

インプラント治療の流れ

人工歯根の埋入する手術を行います。
局部麻酔のもと、顎の骨にチタン製の人工歯根を埋入します。この部分を顎骨内に埋め込んで骨と生着させます。
 
 
 
 
 

骨と密着し、歯肉や骨が落ち着く期間(2ヶ月~6ヶ月)を待ち、その後にインプラントの上に土台を取り付けます。
 
 
 
 
 
 

人工歯を取り付けます。
咬み合わせの状態をチェックし、お口の中でのバランス(調和)が整った時点で型をとり、色や形を患者さんに合わせて人工歯を作製して、最終的な歯をセットします。
人工歯は白いセラミックを使う場合とゴールドなどの金属を使う場合があります。最近では審美歯科への流れから白いセラミックで歯を作るケースが多いようです。

How to Implant & Regenerative treatment Q&A

インプラントQ&A

Q.1

治癒期間はどのくらい
かかりますか?

A.

個人差はありますが、一般的に3~7ヶ月程度です。インプラントを埋入する部位にもよりますので、担当医にご相談してください。

Q.2

治癒費はどのくらい
かかりますか?

A.

インプラント治療は現在保険適用外ですし、使用する本数や種類などによって異なりますので、詳しくは担当医にお尋ねください。

Q.3

インプラント治療には
年齢の制限がありますか?

A.

年齢的に顎の骨の発育が完成する20歳前後から可能です。年齢の上限はありません。
健康状態が良い、持病で全身疾患が無いなどの条件であればご高齢の方でも抜歯をする程度の身体への負担です。

Q.4

インプラント治療に
副作用はありますか?

A.

インプラントは純チタンで出来ています。また、チタン表面をハイドロキシアパタイトで被覆したものもあります。チタンは生体親和性が高く、身体には無害な材料と言われています。重大な副作用報告や、チタンに対してのアレルギー報告はありません。ハイドロキシアパタイトに関しては医科の領域においても骨の代替材料として長い歴史をもっている信頼性の高い材料です。

Q.5

インプラント治療は
だれでも受けられますか?

A.

顎の骨が完成する20歳前後から、お年寄りまで健康な方であればどなたでも可能です。ただし、妊娠中の方や全身疾患のある方などは制限される場合がありますので、ご相談ください。

Q.6

一度入れたインプラントに
寿命はありますか?

A.

患者さんのお口の衛生状態によって変わりますが、きちんとお手入れをすれば長持ちしますし、逆に手入れが悪いと寿命が短くなる場合があります。長持ちさせるためには、しっかりとブラッシングし、医師による定期健診でチェック、指導してもらいましょう。

Q.7

インプラント治療後、
食べ物などの制限はありますか?

A.

インプラントは顎の骨と結合し、丈夫な土台となりますので、自分の歯と同じように固いものでもしっかりと噛むことができますので、入れ歯のような制限はなくなります。

Q.8

インプラントの治療期間中は
歯がないままですか?

A.

通常、入れ歯・仮歯を使用することができます。

Q.9

インプラント治療の
良いところは?

A.

インプラントは固定式ですので、入れ歯のように取り外す必要がありません。また、インプラントは入れ歯をつけているような違和感はほとんどありません。さらに、インプラントは自立式ですので、ブリッジのように両隣の歯を削って支える必要はありません。

Q.10

手術の際、
入院が必要ですか?

A.

特別な場合をのぞけば一次手術でも、二次手術でも入院の必要はありません。また、充分な局部麻酔下で手術を行いますので、従来の歯科診療に比べても痛みを感じる度合いは強くないと言えるでしょう。しかし、通常の外科手術(抜歯等)と同様に手術当日は安静にしておく必要があります。

Q.11

インプラントは
どのくらいもちますか?

A.

インプラントは非常に丈夫なもので、また患者さんのお口の衛生状態がよければ20年、30年も何の問題も無く使用されているケースもあります。

Q.12

交通事故やスポーツで
歯を無くした場合でも
インプラントで治せるのですか?

A.

症状により処置方法が多少異なりますが可能です。交通事故やスポーツ外傷により前歯を無くされる患者様が非常に多く、歯を支えている歯槽骨という部分のダメージが少なければ処置が可能です。

Q.13

歯周病や歯肉炎などでも
インプラントは可能ですか?

A.

可能ですが、きちんと歯ブラシしないとインプラント周囲炎という、歯槽膿漏と同じような症状になり、抜けてしまいます。まずは歯ブラシ指導やPMTC(プロフェッショナル メカニカル ティース クリーニング)を受けて歯周病や歯肉炎を治してからがよいです。

Q.1

治癒期間はどのくらい
かかりますか?

A.

個人差はありますが、一般的に3~7ヶ月程度です。インプラントを埋入する部位にもよりますので、担当医にご相談してください。

Q.2

治癒費はどのくらい
かかりますか?

A.

インプラント治療は現在保険適用外ですし、使用する本数や種類などによって異なりますので、詳しくは担当医にお尋ねください。

Q.3

インプラント治療には
年齢の制限がありますか?

A.

年齢的に顎の骨の発育が完成する20歳前後から可能です。年齢の上限はありません。
健康状態が良い、持病で全身疾患が無いなどの条件であればご高齢の方でも抜歯をする程度の身体への負担です。

Q.4

インプラント治療に
副作用はありますか?

A.

インプラントは純チタンで出来ています。また、チタン表面をハイドロキシアパタイトで被覆したものもあります。チタンは生体親和性が高く、身体には無害な材料と言われています。重大な副作用報告や、チタンに対してのアレルギー報告はありません。ハイドロキシアパタイトに関しては医科の領域においても骨の代替材料として長い歴史をもっている信頼性の高い材料です。

Q.5

インプラント治療は
だれでも受けられますか?

A.

顎の骨が完成する20歳前後から、お年寄りまで健康な方であればどなたでも可能です。ただし、妊娠中の方や全身疾患のある方などは制限される場合がありますので、ご相談ください。

Q.6

一度入れたインプラントに
寿命はありますか?

A.

患者さんのお口の衛生状態によって変わりますが、きちんとお手入れをすれば長持ちしますし、逆に手入れが悪いと寿命が短くなる場合があります。長持ちさせるためには、しっかりとブラッシングし、医師による定期健診でチェック、指導してもらいましょう。

Q.7

インプラント治療後、
食べ物などの制限はありますか?

A.

インプラントは顎の骨と結合し、丈夫な土台となりますので、自分の歯と同じように固いものでもしっかりと噛むことができますので、入れ歯のような制限はなくなります。

Q.8

インプラントの治療期間中は
歯がないままですか?

A.

通常、入れ歯・仮歯を使用することができます。

Q.9

インプラント治療の
良いところは?

A.

インプラントは固定式ですので、入れ歯のように取り外す必要がありません。また、インプラントは入れ歯をつけているような違和感はほとんどありません。さらに、インプラントは自立式ですので、ブリッジのように両隣の歯を削って支える必要はありません。

Q.10

手術の際、
入院が必要ですか?

A.

特別な場合をのぞけば一次手術でも、二次手術でも入院の必要はありません。また、充分な局部麻酔下で手術を行いますので、従来の歯科診療に比べても痛みを感じる度合いは強くないと言えるでしょう。しかし、通常の外科手術(抜歯等)と同様に手術当日は安静にしておく必要があります。

Q.11

インプラントは
どのくらいもちますか?

A.

インプラントは非常に丈夫なもので、また患者さんのお口の衛生状態がよければ20年、30年も何の問題も無く使用されているケースもあります。

Q.12

交通事故やスポーツで
歯を無くした場合でも
インプラントで治せるのですか?

A.

症状により処置方法が多少異なりますが可能です。交通事故やスポーツ外傷により前歯を無くされる患者様が非常に多く、歯を支えている歯槽骨という部分のダメージが少なければ処置が可能です。

Q.13

歯周病や歯肉炎などでも
インプラントは可能ですか?

A.

可能ですが、きちんと歯ブラシしないとインプラント周囲炎という、歯槽膿漏と同じような症状になり、抜けてしまいます。まずは歯ブラシ指導やPMTC(プロフェッショナル メカニカル ティース クリーニング)を受けて歯周病や歯肉炎を治してからがよいです。