小児歯科 PEDIATRIC

成長段階に合わせた治療を行う小児歯科

お子様のお口の中は短期間で目まぐるしく変化します。全く歯が無い状態から、乳歯が生えそろい、やがて永久歯に生え変わっていきます。そのため親御様が都度適切なケアができないこともありますから、ぜひ当院と一緒にお子様のお口の健康を守りましょう。
当院はお子様の成長に合わせたケアを、随時提供しています。

歯科へ慣れることが歯を守る第一歩

お子様にはまず当院に慣れてもらうことを重視しています。無理な治療をして歯科医院に対する抵抗感が芽生えてしまうと、成長後も歯科医院に通いにくくなることがあるからです。そのため、いきなり治療をするようなことはありませんし、痛みもできるだけ抑えます。長いスパンでお子様のお口の健康を守ることが当院の目標です。

保護者の方へお願い

「歯磨きしないと歯医者で痛い治療をされるよ」などの言葉を、日常で使っていませんか? 何気ない会話でも、歯科医院への恐怖をすり込んでいることがあります。お子様の将来のためにもネガティブな言葉は控え、治療を頑張った時にはしっかり褒めてフォローをお願いいたします。

子供の歯を守るためのポイント

  • Point 01

    正しい食生活を行う

    砂糖を含む食品を取り過ぎること、食事やおやつの時間がダラダラと続くことは虫歯のリスクを高めます。また、虫歯予防のためにはカルシウムやビタミンなどをバランスよく摂取できるメニューを考えることも重要です。

  • Point 02

    歯医者での予防の習慣化

    当院は、将来虫歯を作りにくい環境づくりを一緒にしていきたいと思っています。そのためにも定期的に来ていただきやすい雰囲気を重視し、痛みの少ない治療を心がけ、ご家族で予防に通っていただけるよう努めています。

  • Point 03

    家庭での正しいケア

    日々のご家庭での歯磨きは虫歯予防の基本です。しかし、お子様が嫌がったりして仕上げ磨きができないということもあるでしょう。そんな時はぜひ当院に頼ってください。親子で楽しくケアができるきっかけを作ります。

子供の時期に虫歯を防ぐ
取り組み

当院の予防歯科メニュー

  • 感染経路の遮断

    新生児のお口の中には虫歯菌は存在せず、多くは家族から感染します。そのため過度なスキンシップや食器の使いまわしを避けるとともに、家族全員で予防や治療に取り組んでお子様のお口の健康を守りましょう。

  • 抵抗力の強化

    お子様の歯は表面のエナメル質が薄いため、虫歯に弱い特徴を持っています。その点を踏まえて、歯科医院でフッ素塗布やシーラント填塞などの予防処置を定期的に受けましょう。

当院の小児歯科メニュー

セルフケアのポイント

  • 01

    フッ素塗布

    フッ素は歯質を強化し、歯の再石灰化を促進するので初期虫歯を修復してくれます。虫歯リスクが高い方にはフッ素洗口も行っています。

  • 02

    シーラント

    奥歯の溝が深い箇所は虫歯リスクが高いので、あらかじめシーラントという歯科用の樹脂で埋めることで虫歯のリスクが低減できます。

  • 03

    ブラッシング指導

    お子様の場合、成長に合わせて楽しく磨けるように指導します。また、親御様への仕上げ磨きのアドバイスも行います。

子供が歯医者に通い始める
タイミング

何歳くらいから歯科医院に通うべきかという質問を受けた際は、6ヶ月くらいに下の前歯が生えてきた時から小児歯科に通うことを推奨しております。
お子様の歯は特に虫歯にかかりやすく、進行もしやすいので、フッ素塗布やシーラントなどで予防を行うことが重要です。また通院していただければ、お子様のお口のケアの方法や、食生活についてもアドバイスできます。
ページトップへ